サイト更新日:2019-06-11


 
  • HOME
                   

<竹富島>
Gallery

風景写真家 山梨 勝弘
~ 麗しき季節の移ろいを求めて… ~

Profile

写真家  山梨 将典

1975年東京生まれ。
東京工芸大学 芸術学部 写真学科 卒業
二年間、広告デザイン会社に勤務の後、
フリーのカメラマンに転身。
 
NISSANエクストレイルで日本の季節の風景や星景・月光の景色を
撮り歩いています。
カメラはNikon D850 を使用。NPS会員
株式会社アフロ 契約写真家
出展
パイ・インターナショナルより
2014年に富田文雄氏山梨勝弘の写真集『新 日本の絶景』に
初掲載。
2015年には小川秀一氏富田文雄氏佐藤尚氏山梨勝弘
共に写真集『ニッポンの絶景鉄道』を出版。
また、自身初の写真集ニッポンの星、月、夜の絶景』を出版。
2018年に再び小川秀一氏富田文雄氏佐藤尚氏山梨勝弘
写真集『日本の祭り』を制作・出版した。
その他カメラ・旅行雑誌やカレンダーなどに写真を提供。
 
 座右の銘 : 鏡花水月  


 近況をひと言 


2019/06/10

 梅雨入りしましたね。空は雨模様ですが、今日はチョイと寒すぎや~しないかい?
買い物に出かけたら梅を見かけたので、しばらくぶりに梅酒を作ってみたくなりました。
以前、FM那覇オリちゃん月曜日でパーソナリティのさーきーさんがサントリー山崎の梅酒が美味しいというので、飲んでみたらすごく美味しかった。
それで、同じものは作れないけれど梅酒は作れる!というワケで、ついついホワイトリカー南高梅を購入。まず、冷暗所が冷蔵庫の野菜室しかないので片付けてスペースを確保。容器をアルコールと煮沸で消毒。梅を水洗いして拭いてヘタをとってと。そして容器に梅を入れて蜂蜜を適当に入れて、少し余っていた山崎の梅酒を入れて、数年前に北海道のニッカ余市蒸留場で買ったカフェグレーンウィスキーを加えて、最後にホワイトリカーを全部投入してシェイク!後は時々混ぜて半年以上経てば出来上がりとのこと。
自分のつくる物は基礎知識だけで、マニュアル通りにやらないで必ずアレンジが加わるから、この場合は『梅酒っぽい』『梅酒みたいな』『梅酒ふーじーな』飲み物が出来上がる事でしょう。全ては自己責任なのですが、食品ロスだけは酒だけに避けたいなんてネ。
 では、また次回。
 



 


問い合わせメール